脳を休ませよう

不眠症の人の中でも、症状は人それぞれですが、何もせずに自然に治る人と放っておいたらどんどん悪くなってしまう人がいます。

なかなか改善できない人は、まずご飯療法や一般的なサプリメントの摂取が有効です。精神を沈静化するショウガ、疲れを回復する牛乳などが御勧めです。健康な人の睡眠パターンは、レム睡眠とノンレム睡眠を順に約90分で1セットで、一晩で3回〜6回程度繰り返しています。



レム睡眠で体を休息し、ノンレム睡眠で脳を休めます。

ノンレム睡眠が足りないケースでは、立とえ長時間眠ってもねぶそく感が残ってしまう場合があります。


実はもっとも不眠症が多いのはお年寄りです。

月の休息

どんな感じかというと、老齢化すると睡眠時間は短くても良いのに、毎日朝までぐっすりたっぷりと眠りたい、しかし、実際には6時間位で目が覚めてしまい、自分だけが入眠障害、夜間覚醒だと思い込んでしまうのだそうです。医学的には何ら問題ないのに、当人にとっては早朝覚醒、熟眠障害なのです。早朝覚醒、熟眠障害で悩んでいる患者のほぼ100%の人は、自分の睡眠時間を短く誤認しています。

リラクミンクリア セロトニン


実際に病院で測定すると、入眠までの時間を、実際よりも長く見積もっているケースが多いようです。

これを睡眠状態誤認と言います。当たり前ですが意図的なものではなく、時間認知機能が低下していることが関連しています。睡眠障害ってなかなか治らないので、専門の医者に診て貰うと良いかもしれません。
診察について先生とお話してみて、メンタル的なことや、他に病気がないか等から幅広く早朝覚醒、熟眠障害の原因を探ります。近年ずっと、不眠症に悩む人が多いです。
調査結果では、日本人の5人に1人は不眠症だそうです。
冷静に考えて、コドモの不眠症は無いでしょうから、成人で不眠症に悩む人の割合はもっと高いのでしょう。睡眠障害にはいろいろなものがあるようで、有名なところでは、早朝覚醒、熟眠障害、入眠障害や中途覚醒、実際にはほかにもいろいろあるそうですね。

FX業者