睡眠は大脳を休息させる唯一の手段


睡眠は大脳を休息させる唯一の手段。長すぎず、不足もしない「質のよい眠り」を

睡眠とは、体の疲れをとるためにあると考えられている人も多いですが、それは厳密にいうと間違いなのです。1日中ゴロゴロしていて疲れていないような日でも、夜になると必ず眠くなります。

快眠ウイスキー

体の疲れと睡眠は直接関係しているわけではないようです。

実は、睡眠の主な目的は大脳を休ませること。

目覚まし時計インティ

体は座っているだけでも楽になり、疲れをとることができます。

ところが、脳はじっくりと時間をかけて眠れないと休息できないのです。

起きている間、大脳は常にフル回転しています。

オーバーヒートしやすいため、睡眠はとても重要な役割を担っているといえるのです。

眠けをとるだけでなく、病気を治す、免疫力を高める、ホルモンを分泌するなどの生命維持に欠かせない生理現象は、ちゃんと睡眠をとらなければ、スムーズにいかなくなることもわかっています。

このように、大切な睡眠ですが、長時間、眠ればいいというわけではないのです。

休日などに9時間以上も寝たのに寝足りない、頭が痛い、だるいと感じたことのある人は多いと思います。

これは、余分な眠りが多すぎたため。

「長眠者」といって、毎日9時間以上の睡眠が必要な人もまれには存在しますが、普通の人では、睡眠時間が長すぎると、かえって疲れてしまうという皮肉な結果になってしまうのです。

そればかりか、長すぎる睡眠時間は死亡率を上げるというデータも出でいます。

では、どのようにしたら、良質な睡眠をとることができるのでしょうか。

秘訣は起きている時間にあるようです。

ある実験では、起きている時間が長いほど深い睡眠の時間が長い、という結果も出ているのです。

しっかり起きて活動していることが、無駄な眠りを防ぐことにつながっていくのです。

また、疲れているときは、長く眠らなければ疲労回復できないという考え方も間違いです。

食事と同様、不足も過剰も弊害があるのです。効率よく良質な睡眠を得ることにしましょう。


FX業者