ヘッドマッサージで不眠などの不快症状も改善

「ヘッドマッサージ」をすればツボも刺激されて不眠などの不快症状も改善

腰や肩、背中がこる原因は血行不良です。同じように頭皮の血行が悪くなると、不眠、頭痛、肩や首のこり、腰痛などの関節痛。薄毛、耳鳴りや難聴といった治りにくいやっかいな症状が起こってきます。

ルナハーブ【バコナイズで睡眠力UP】効果・口コミ・最安値購入法!


また、頭皮は直接、顔の皮膚にもつながっているため、シミやシワ、くすみなど肌トラブルが頭皮の血行不良である頭のこりから起きていることも多いのです。実際、このような症状に悩んでいる人の頭皮にふれると、驚くほど、かたくガチガチにこり固まっていることが少なくありません。

そこでおすすめするのが、「ヘッドマッサージ」です。ヘッドマッサージとは、頭皮全体をもんだり叩いたりして、こりをとり除く方法です。中国では一般的に広く行われている「推拿療法」といわれる伝統的な療法の一種で、道具を使わず、手だけで行います。なぜ手だけで行なうかというと、中国では「自分の手は、頼りになる治療パートナー」であり、また、手からは生命のエネルギーの一種である「気」が出ている「手はみずからの主治医である」と考えられているからです。

ツボの位置はあまり考えず、頭皮全体をまんべんなくもんだり、たたいたりします。両手10本の指でまんべんなく繰り返しマッサージをするため、正確なツボの位置がわからなくても結果的にツボを刺激することになり、不眠をはじめとする不快症状が改善されます。

窒息改善

「ヘッドマッサージ」
@ 押す−両手の指を髪の生えぎわに当て、指先に力を入れて頭頂部まで押すように、まんべんなくマッサージする。
A なでる−両手の指で髪の生えぎわから後頭部まで、ゆっくりとなでるようにマッサージする。
B たたく−頭のてっぺんを中心に両手の指先でリズミカルに叩くようにマッサージする。

@ 〜Bを2分ずつ、1日6分間行えばOK。

主婦の友社
不眠症・睡眠障害 みるみるよくなる100のコツ
P134〜135 より引用

FX業者