窒息の改善で快眠を

窒素・改善

「うつ伏せや横向きだと改善される」
症状が軽い場合は、うつ伏せや横向きで寝ることで、気道がふさがれることを防ぐことができます。
仰向けが、一番気道がつぶれやすい体勢です。
ただ、症状が重くなってくると、こうした対策では意味をなさなくなってきます。



「治療は気道を広げること」
睡眠時無呼吸症候群の治療は、基本的にCACP(シーパップ)という方法で行ないます。日本語では、持続陽圧呼吸治療法といいます。

これは、寝ている時に、機械を使ってホースで鼻から気道に空気を送り、空気圧で気道がふさがれないようにするものです。

CACPは対治療法です。なかなか抜本的には治りません。

肥満だけが原因だとしたら痩せればいいはずですが、実際には、痩せても無呼吸が充分には改善しないことが多いのです。もともと気道が狭い場合が多いからです。

「命の危険が生じることも」
睡眠時無呼吸症候群が続くと、心臓に負担がかかります。放置していると、高血圧、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの心血管系の障害を起こしやすくなります。

月の休息と併用して毎日快眠!

PHP研究所
ぐっすり眠って、すっきり起きる!
快眠ハンドブック
梶村 尚史著
P43〜44より引用

FX業者