「かみ合わせ調整」によって、不眠・うつ病・視力の低下も改善


あごの歪みから正す「かみ合わせ調整」によって、不眠・うつ病・視力の低下も改善する

かみ合わせが悪いと、全身のトラブルを招くのです。

いびきや不眠症を改善するサプリメント

実際に、かみ合わせの治療後1ヶ月もたたないうちに視力が1.0以上も上がったという方々はたくさんいます。

視力だけでなく、偏頭痛、目の痛み、首や肩のこり、背中や腰の痛み、足のしびれ、冷えなどのさまざまな不快症状、動悸や息切れ、心臓、消化器系の異常、水虫、喘息、アトピーなどの改善もみられるのです。

大脳と睡眠

これらの障害が重なって、不眠やうつに苦しむようになる人も少なくないのです。

かみ合わせの治療のあと、これまでの悪夢がうそのように消え去ったという事例は、あげればキリがないほどなのです。

かみ合わせが悪いとなぜ全身のトラブルと関係してくるのか・・・。

いったん上下の歯のかみ合わせがズレ始めると、やがて下アゴの位置が前後左右と徐々にずれ始めるのです。

下顎がズレ始めると顔全体に歪みが生じ、頭の重心も片寄ります。

すると体は、頭を傾けたり、肩を上げたり、背中を曲げたりの不自然な姿勢をとってバランスを保とうとし、やがて背骨(脊柱)が弯曲してしまうのです。

そうなると、背骨の中を走る中枢神経も曲げられて、圧迫や引っ張りが生じます。

中枢神経からは体の各部を支配する末梢神経が分かれて出ていますから、圧迫された部分の末梢の機能も低下します。

また、脊柱に沿って走る動脈や、重心が片寄った側の血管も圧迫を受け、さまざまな個所に血流障害が生じるようになり、それに無理な姿勢による筋肉の過度な緊張も加わるのです。

これが全身の不快症状を引き起こすわけです。整体などによって背骨の歪みだけを正そうとしても、その原因になるかみ合わせを治し、アゴの位置を正さなければ、また元の歪んだ状態に戻ってしまうのです。


月の休息との併用でさらなる快眠を!

FX業者